犬の健康管理は飼い主の役目|専用サプリを使いましょう

活発で警戒心が強い犬種

小型犬

特徴としつけの重要性

ミニチュアピンシャーはドイツ原産の小型犬です。短毛で筋肉質のがっちりとした体格をしており、活発で警戒心が強いため番犬にも適しています。気性の荒い犬種ですが、小柄な体格なため愛玩犬として人気があり、最近では室内犬として飼う人も増えているようです。性質上、しつけを慎重に行う必要がありますが、基本的なしつけができていれば長所の多い性格になります。ミニチュアピンシャーは非常に頭の良い犬なので、しつけをする際は誰がリーダーであるか、主従関係をはっきりと示す必要があります。きちんとしたしつけができていないと、無駄吠えが多くなったり、噛みついたりと気性の荒い性格が前面に出てきてしまうことがあるのです。また、ミニチュアピンシャーを飼う際には環境にも注意する必要があります。活発で運動量が多いため、室内で飼う場合は部屋に十分なスペースがあるかどうかを考慮しましょう。

飼う際には環境にも注意

小型犬で愛らしい上、番犬としての役割も果たせるミニチュアピンシャーを飼う人は今後さらに増えるでしょう。トイプードルやマルチーズなどの小型の犬種は長い間人気がありますが、それらの犬種よりも変わった見た目のミニチュアピンシャーに魅かれる人も多いのではないでしょうか。犬好きな人であれば誰しも、マイホームで犬を飼いたいと一度は思うことでしょう。しかし、犬を飼う際は様々な側面から計画を立てる必要があります。家を空けることが多かったり、散歩に行く時間が取れなかったりでは犬の心身に様々な問題が起こる可能性があるのです。特に、ミニチュアピンシャーは活発で運動量が多いために、散歩にはきちんと毎日連れていくことが大切です。家族で誰が散歩に連れていくか、曜日ごとや週交代で担当を決めておきましょう。最近では、ペットショップなどでも、愛犬の散歩を代行してくれるサービスやしつけ教室などがあります。これらのサービスを利用すれば、快適に愛犬と暮らすことが出来ます。